早いうちから親しんでおく

親子

少しでも早くから始める

最近は保育園でも外国語、特に英語を勉強するところが増えてきています。今後英語が更に低学年で学ぶことが必須になることが背景としてあります。また実際に、早くから親しんでおくことで少なくとも子供の苦手意識を取り除くことが出来ます。英語は早く始めれば始めるほど発音も出来るようになるだけではなく、聞き取りもしっかりと出来るようになります。そのためにも保育園児の頃から学び始めるのは理想的であり、とても好ましい環境です。将来現代社会において必要なスキルになってくるので、少しでも早くから始められる環境が必要となってきます。また保育園で学ぶことで友達と楽しく遊び感覚で勉強することが出来るので、身に付くのも早くなります。

問い合わせのポイント

保育園はそれぞれの園によって特徴があります。その1つが英語の学習になりますが、どの園で行っているかは各園に問い合わせる必要があります。このとき「月に何回」「どんな先生が教えてくれるか」を聞いておくと、それぞれの園の力の入れ具合が分かります。外国人の先生から本格的に教えてもらうことが出来るところもあれば、習い事感覚で日本人の先生がやっているところもあります。回数も大きく異なるので、事前に確認をしておくと比較しやすくなります。また「何歳から英語の勉強が始まるか」も園によって異なりますが、全体的な傾向としては私立の保育園の方が好きなように方針を決めることが出来るので、早い段階で英語に触れる機会が作られています。

Copyright© 2017 小学校受験の対策なら幼児教室にマルっとお任せ! All Rights Reserved.